京風茶房 おちょぼ

佐賀に登場した京都仕込みのしょうゆラーメン!とんこつ文化圏に古都の味を持ち込んだ!

西友佐賀店でスタート

京都の老舗甘味処「梅園」で修行していた私は、佐賀で飲食店を開くことを決意して帰郷。佐賀駅通りで最初のお店をオープンして間もない1979(昭和54)年11月、西友佐賀店の開業と同時に同店4階のレストラン街に店舗を構えました。
当初は和風スイーツをメインにした軽食のお店でしたが、2年目から京風らーめんをメニューに採用。「ラーメン=豚骨ラーメン」の印象を強く持つ当時の佐賀の人にとってしょうゆラーメンは珍しく、一躍人気メニューに成長しました。
1998(平成10)年に佐賀市中心街に進出。この年オープンしたエスプラッツの2階に2号店を開店した後、2003(平成15)年に白山に現店舗を移転オープン。西友店閉店後は店舗を一本化して現在に至っています。
昭和、平成、令和と3年代にわたり私と妻が中心となり営業を続け、西友店オープンから42年を経て今や4世代にわたってのファンがいらっしゃるほど、地元で愛されてきました。

京風らーめんにみたらしだんご、スイーツも充実

京都のしょうゆラーメンはこってりとした風味が定番なのですが、当店では、しょうゆと麺を地元の佐賀の業者から仕入れてあっさりとした味を目指しました。スタンダードな「京風らーめん」(590円)をはじめ、具材を増やしながら「京風わかめらーめん」(650円)、「京風山菜らーめん」(670円)などのメニューを開発してきました。さらに、お客様の麺の好みに合わせて「細麺」と「平麺」の2種類をお選びいただけるようにしています。
甘味処として出発したこともあり、「抹茶あんみつ」(600円)、「白玉あんみつ」(630円)などといった京風スイーツを豊富に取り揃えています。
また「梅園」の名物である「みたらしだんご」(5本435円)も当初からメインメニューとしてお喜びいただいてて、現在はテークアウトが好評を得ています。パフェにみたらしだんごをトッピングした「だんごパフェ」(760円)は最近人気スイーツになっています。

雰囲気のいいお店をつくってほしい

現在は妻とスタッフと共に元気に営業を続けています。子どもは県外在住のため、お店の後を継ぐ人は今はいないのですが、40年以上にわたって守り続けたのれんを受け継いでほしいとの
思いはあります。
店舗が引き継がれると味が変わってしまったという話をよく聞きます。そうならないよう、長年にわたり磨きをかけてきた味は伝えていきたいですね。そして、飲食店に何より大切なのは「雰囲気づくり」。居心地のいい店内で安心して召し上がって頂くことが、私たちに求められるおもてなし。「来店してよかった」と思われるお店を作れる、志のある若い人を待っています。

■DATA

京風茶房おちょぼ
店主:西岡忠芳(68)
住所:佐賀市白山2丁目8-2
電話:0952-26-9677
時間:11:00~21:00 [20:00 L.O]
休み:第3・第4木曜日
駐車場:あり